ヒント

 

複数の命令を一行に書く

1行のなかに複数の命令を区切って書くときは「:」を使います


コメント

1行の中で;(半角セミコロン)以降はコメント(注釈)とみなし無視されます。

pos 320,100 : mes “(^_^)”  ; 顔マーク表示

 

1行の中で //(ダブルスラッシュ)以降はコメントとみなし無視されます。 「/*」から「*/」までの間は、コメントとみなし無視されます。

pos 320,100 : mes “(^_^)”  // 顔マーク表示

/* ここは

コメントです */

goto *start


スペース(空白)やタブ

スペース、タブは、自分の書いたプログラムを見やすくするために自由に入れることができます。

(標準の設定では全角スペースも、スペースとみなされますが、なるべく半角スペースを使うようにすると将来こまらないかもしれません。)

特定の場所では、必ず半角スペースをいれる必要があります。たとえば、命令とパラメータの間には半角スペースが必要です。


サンプルプログラムを有効利用する

HSPプログラムのお手本として登場するサンプルスクリプト(.hsp)のなかに書かれている内容は、自由に取り入れて、マネして使っても大丈夫です。

drop.hsp や shoot.hsp や poker.hsp などお手本のスクリプト内で使われている命令や必要な部分をコピーして自分のプログラムに追加してみましょう

 


ほかのアプリの利用

『GIMP』という画像編集アプリを使って、画像を作ったり編集することができます


 

そのほか、

Windows版HSP公式ガイドの「プログラミングマニュアル」の説明を参照してください


(※解説文章を作成途中です)

変数

【 へんすう 】

 

公式ガイドの「変数」の説明を参照してください

 

name = ” 文字列変数のなかみを指定”

name = ”ドロップパズル”

x = 100

・変数のなかみを指定。この = は「代入する」という意味

・命令につづくパラメータの部分には変数も使用できる 例 pos x,y

・文字列と変数を組み合わせて使うこともできる 例 mes “こたえは”+x

・数値や変数を書く場所には数式を使うこともできる 例 x = 100+20

 

配列変数

x(1) x(2) x(3)

たくさんの変数が必要なときに便利に利用できる。 例・ 繰り返し命令の中で x(cnt)

 

システム変数

cnt stat

システム変数。HSPのシステムがはじめから使う用途を決めて確保している変数

 

 


(※解説文章を作成途中です)

ラベル(はた)

プログラムの流れをあやつる「処理の飛び先位置」として、自由に「旗」をつくることができる

#include "rpz-gpio.as"

*hata
	gpmes "えっさ"
	update 5

	gpmes "   ほいさ"
	update 5

	goto *hata

 

名前は自由につけられるが、命令と同じ名前は使えない

 

公式ガイドの「ラベル」の説明を参照してください


(※解説文章を作成途中です)